丸亀製麺バイト歴3年が語るこの夏おすすめのうどん

f:id:daisuke0129:20190527130211j:plain

今回は丸亀製麺バイト歴3年の私が

数あるメニューを食した中でこれはうまいと

舌鼓をうたせたうどん達を紹介していく

 

 

 

こういうブログは前置きがだらだらながくて、とっとと教えろよ、

て私は結構な頻度でおもう。

だからとっととベスト3を発表しよう。

 

 

 

第3位

「冷やかけうどん」

 

 

夏季限定のこのうどんは、普段は温かい物しか置いていないかけうどんが、

暑くなると突如冷え冷えで出現するのだ。

 

だいたい5月中旬から9月終わりくらいまでやってる気がするこのうどんの

おすすめポイントは、つるっとしたうどんの喉ごしときんきんに冷えたお出汁

最高に体か涼しくなることだ。

 

お出汁は温かいかけうどんよりも少しだけしょっぱく汗をかいた夏の体に

しみわたるのなんの。

 

是非汗だくの状態ですすってみてはいかがだろうか?

 

 

 

 

第2位

「うま辛まぜ釜玉

 

だいたい2ヶ月ぐらいで(個人的な感覚)で期間限定のフェアニューが入れ替わりで

常に提供されているのだが、そのフェアメニューの中でもかなり上位に食い込むうどんがこの「うま辛まぜ釜玉だ。

 

しかしこのうどん、どこでもやっているわけではない幻のうどんなのだ。

だから見つけたら真っ先に頼んでみてほしい。

 

 

名前はの由来は

 

うま=旨み

辛=辛み

まぜ=混ぜ

釜玉=水でしめないほやほやのうどん

 

の合体したうどんである。

 

どんぶりにこれでもかと言うほどの具材がこぼれ落ちそうなほどてんこ盛りで、

フェアメニューとしては安い 並590円

ちょっと日本画がおかしくなるほどたくさん乗っているのだ。

 

具材は全部で5種類

食感に変化をもたらすシャキシャキの白ネギ、

風味豊かな海苔

とろっと具材を包み込むおんせんたまご、

甘辛く味付けされた挽肉、

うまみの決め手かつお粉、

である。

 

うどんにはニンニクと特製だれをあらかじめ絡めてから具材をもっているため

味が薄いこともない。

このうどんは釜から直接上げ水で締めないため、表面がほろほろでたれとよくからむからである。

 

食べるときはうどんと具材全部をよく混ぜて食べれば口いっぱいにうまみとピリ辛

広がりニンニクの香りがガッツイテル感を醸し出しパワーがみなぎることだろう。

 

 

 

 

第1位

「冷やしぶっかけうどん+明太子トッピング」

 

ん?グランドメニューじゃん。

そうなんです。 隠れた組み合わせ。 これがめちゃ旨いんです。

隠れてはないけど、あんまり注文もされないんですよね。

 

ぶっかけうどんは簡単に言うと、めちゃうまいめんつゆがかかってるうどんです。

 

元々しょっぱめのこのうどんに明太子をトッピングすることでさらにしょっぱく

辛くすることで汗をかいている体にしみる!!

 

値段も

ぶっかけうどん 290円

明太子トッピング  70円

あわせて360円という安さ

 

これに取り放題のおネギと天かすをてんこ盛りにして食らってください。

 

 

ということでおさらうと

第1位 冷やしぶっかけうどん+明太子

第2位 うま辛まぜ釜玉

第3位 冷やかけうどん

 

でした。

 

ぜひこの夏どれか食べてみてはいかがでしょうか??

 

 

 

※印あくまで個人的な意見ですので、お口に合わなかった場合は申し訳ございません。